FC2ブログ

カスタムカー【改造車】

高級車のカスタムや改造についてのホームページです。レクサス ベンツ シーマ セルシオ 300c HONDA トヨタ アルファード エスティマ ナビゲーター エスカレード ハマー トレイルブレイザー レクサスLS BMW7シリーズ レクサスRX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャデラック SRXカスタム



スポンサーリンク

srx

初代 北米においては2003年に発表・発売され、翌2004年から日本での発売を開始している。STSの”シグマ・アーキテクチャ”と呼ばれるFRプラットフォームをベースに、AWD機構を組み込んだ上級SUVとして登場。ポジション的にはエスカレードの下を受け持つことになる。直線基調のエクステリアは「アート&サイエンス」を意識してデザインされたものであり、同時にラグジュアリーさを併せ持つ。 エンジンには新世代のノーススター・4.6LのV8エンジンを搭載(5速ATの組み合わせとされた)。しかし、2005年モデルで3.6LのV6エンジンが追加されたことにより、エンジンが2種となった。安全機構についても抜かりがなく、横滑り防止機構である「スタビリトラック」や「マグネティック・ライド・コントロール」、トラクションコントロールシステムつきABSなどが奢られた。3列シートを擁する(=7人乗り)室内はフルフラット化が可能なほか、3列目には電動格納機構も備えることで利便性にも配慮している。 年次改良は比較的細かく行われた。2005年モデルでは上述のV6・3.6Lエンジンの追加、2006年モデルではパワーリフトゲートを装備、2008年モデルでは右ハンドル仕様の設定ならびに4.6L車のATを6速に変更し、インテリアを刷新するなどしている。また、2009年モデルでは左ハンドルの3.6L車のみとし、BOSEサウンドシステムなどを追加。 2代目 FRからGMC・テレインなどと共通のFFベース(GMシータプラットフォーム)へ変更されるとともにダウンサイジングされ、車名を「SRXクロスオーバー」とした。尚、このダウンサイジングに伴い、3列目のシートは廃され、2列/5人乗りとなった。 4WDシステムは一新され、4WDはハルデックス製の湿式マルチプレートクラッチユニットを介し、走行状況に応じて前後駆動力配分を100:0~0:100に調整するシステムとなった。また、後輪には電子制御リミテッドスリップデフ(eLSD)が備わり、必要に応じて左右輪への駆動力配分が行われる。 サスペンション形式についてはリヤこそ同じマルチリンクだが、フロントはダブルウィっシュボーンからマクファーソンストラットに変更された。尚、グレードによりスポーツサスペンションと電子制御リアルタイムダンピングショックアブソーバーも採用される。 北米では2009年から発売されたが、翌2010年の8月26日には日本でも発表された(左ハンドル車のみで現時点での右ハンドル車の発売は未定。発売は12月11日。尚、同日にはCTSクーペも発表された)。エンジンは2.8L・V6ターボとCTSにも搭載される直噴の3.0L・V6が用意されるが、日本仕様は後者のみとなる(最高出力269psと最大トルク30.8kgmを発生)。使用燃料をハイオクガソリン対応からレギュラーガソリン対応としたことで経済性にも配慮している。尚、組み合わされるトランスミッションはマニュアルモード付きの6ATのみである。 安全装備については先代同様充実していて、デュアルステージフロントエアバッグ、サイド/ヘッドカーテンエアバッグ、トラクションコントロール、スタビリトラックが標準で備わる。また、快適装備としてポップアップスクリーンのHDDナビゲーションシステムや10スピーカーのBOSEサラウンドサウンドシステムなども用意される。



スポンサーリンク

CAR
スポンサーサイト
  1. 2010/12/04(土) 02:33:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ベンツ SL | ホーム | リンカーン ナビゲーター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://you50.blog81.fc2.com/tb.php/23-2afde899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサーリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。